いっこでもにこにこ 三幸製菓

沿革

1960年〜1970年

  • 1963 (昭和38年)

    新崎第一工場操業開始

  • 1971 (昭和46年)

    新崎第二工場操業開始(海苔製品開発開始)

  • 1974 (昭和49年)

    豊栄工場操業開始(学校跡を工場化、地元労働力を吸収)

  • 1975 (昭和50年)

    ぱりんこ発売。安定大型商品として急成長、主力商品となる。
    新崎第三工場操業開始(ぱりんこ主力の工場としてスタート)。新潟県知事より産業振興功労賞受賞

  • 1977 (昭和52年)

    雪の宿発売(新崎第二工場主力商品となりフル生産しても需要に対応しきれず、工場新設計画)

  • 1979 (昭和54年)

    佐藤亀一郎会長に就任、社長に佐藤富一郎就任

1980年〜1990年

ホワミル
  • 1982 (昭和57年)

    荒川第一工場操業開始(雪の宿を主力商品として地元最大規模の工場としてスタート)

  • 1986 (昭和61年)

    荒川第二工場操業開始(もち製品の品質アップと量産体制整う)

  • 1989 (平成元年)

    売上高100億円を突破。EDP大型化し事務管理の他に生産管理部門に拡大する

  • 1992 (平成4年)

    荒川第二工場2倍に拡大増設操業開始。もち商品の生産力倍増する

  • 1994 (平成6年)

    本格的TVCM開始。粒ごまの売上倍増し、フル生産を続ける荒川第三工場操業開始
    「おかき餅」を主力商品として生産

  • 1995 (平成7年)

    粒ごまのTVCMが広告界で権威あるACC賞を受賞

2000年〜2010年

  • 2000 (平成12年)

    売上高150億円を突破

  • 2005 (平成17年)

    研究・開発の拠点「Vステーション」完成

  • 2006 (平成18年)

    新潟県経済振興賞を受賞

  • 2007 (平成19年)

    新会長に佐藤富一郎就任、社長に佐藤裕紀就任
    売上高300億円を突破

  • 2009 (平成21年)

    新発田第一工場操業開始。売上高400億円を突破。

2010年〜

チャミル
  • 2011 (平成23年)

    スナック菓子、かりんとう、まめ菓子発売。

  • 2012 (平成24年)

    雪の宿発売35周年。

  • 2013 (平成25年)

    平成25年 新崎第一工場操業50周年。
    新発田第一工場がFSSC22000の認証を取得。

  • 2014 (平成26年)

    本社新社屋「パレット」完成。半生菓子(まんじゅう)発売。新発田第二工場操業開始(かりんとうの生産体制の強化)。
    TVCM「丸大豆せんべい」アジア太平洋広告祭(ADFEST2014)フィルム部門にてブロンズ賞を受賞。

  • 2015 (平成27年)

    タイ進出、シンハーコーポレーションと業務提携。
    合弁会社「シンハ―三幸」を設立。

  • 2016 (平成28年)

    社長に山下仁就任

  • 2017 (平成29年)

    売上高500億円を突破。
    雪の宿発売40周年

  • 2018 (平成30年)

    新発田工場敷地内の自動化された物流倉庫が稼働開始。